【口コミでも評判!】効果の高い価格もお得な人気の医療脱毛クリニックをおすすめ比較ランキングでご紹介!

医療脱毛前後に飲酒をしてはいけない?

飲酒は医療脱毛前後には控えるべき行為の一つです。

医師も看護師も常に在中をしていて、医薬品や治療に必要なものは揃っている医療現場ですが、それでもアルコールを摂取しての施術はできません。

 

前日のお酒は肌トラブルのもとになります

予約をしておいた医療脱毛の前であれば、お酒を飲んでよいというわけではありません。

クリニックには内緒で飲酒をして施術を受けた場合、起こる可能性があるのが皮膚のトラブルです。

細心の注意を払い丁寧な施術をする医師や看護師ですが、黙ってお酒を飲んでしまったために肌に問題を生じることがあります。

前日や予約時間前にお酒を飲むことで、自然と体温が上昇をするためです。

身体がポカポカと温かくなれば、その影響を受けて皮膚も同じように火照ります。

ほろ酔い気分で気分も良くなるのはお酒を飲んだ後ですがアルコールはすぐに抜けたりはしません。

当日の施術前に軽くでも飲むのは控えるべきですが前日のアルコール成分もまだ残ってしまうため飲まないようにしておきましょう。

またお酒を飲んでいたばかりに医療レーザーの照射で具合が悪くなることもあります。

体調も万全な状態で受けるのが脱毛ですから、医療レーザーだからアルコールの影響を受けないということはありません。

 

肌を乾燥させて脱毛効果を下げてしまいます

クリニックでの医療脱毛の後には基本的に飲酒をするのは厳禁です。

高出力での施術ができる医療レーザーでの照射は皮膚の内部に軽い炎症を起こします。

時間の経過とともに徐々にその状態は鎮静をしていき通常の健康な状態に戻りますが、それまでには少し時間が必要です。

施術を受けて皮膚内部に炎症が起きている時に、お酒を好きなだけ飲んでしまうと、ただでさえも内部は軽い火傷状態なのに体温上昇で悪化をします。

いつもなら体温を高めるのは健康にプラスになる行為ですが、脱毛後に体温が上昇をする行動を起こすことはNGです。

穏やかに過ごさなければならないところ、お酒を飲むと体温が一気に上がりますので、火に油を注ぐようなことになります。

飲酒によりさらに体温が高まりますので、血行の良い状態は脱毛した箇所に、湿疹やかゆみを生じさせる大きな要因です。

施術を行った後、医療レーザーの影響により皮膚は大変乾燥をした状態ですが、さらに水分を奪うのが飲酒ですから脱毛効果を下げてしまいます。

 

アルコールの影響で痛みを強く感じることもあります

信頼のおける医療機関での医療脱毛ですが、受ける前も施術後も基本的にはお酒を飲みません。

飲酒をすると誰もが経験のあるようにポカポカとしてきますが体内部の血流が良くなっているためです。

血行がとてもよい状態で医療レーザーを受けると、施術をした時にいつもよりも皮膚に痛みを感じやすくなります。

我慢をして照射を終わった後も皮膚にいつも以上に赤みが出たり、様々な問題が起こりやすいです。

アルコールは火照りを招き皮膚から水分を蒸発させるので強い炎症を起こしたり火傷をするリスクも高まります。

施術を受けた後も同様であり、肌に様々な問題を起こすことになるので控えるべき行為です。

万が一ですが脱毛後に飲酒をした場合は肌を保冷剤などで冷やして十分保湿をします。

早く体内のアルコールを排出させるためにミネラルウォーターや白湯などを飲むのも良い方法です。

皮膚にかゆみや赤みが強めに出たならばクリニックで処方をされた軟膏を塗るなどします。

 

効率的な医療脱毛の結果にするためにも、施術を受ける前後には飲酒をしないことが鉄則です。

毛周期を守りながら受ける医療脱毛ですがアルコールにより過剰に体温を上げると、様々な問題が生じます。

特に施術前後が最も要注意ですから、それ以外であれば普通に飲酒をしても問題はありません。